プレハブ工法について

高品質な施工と工期の短縮が実現するプレハブ工法について

  • HOME
  • プレハブ工法

プレハブ工法について

プレハブ工法とは、鉄骨構造物となる柱や梁、壁パネルなどを予め鉄工所などで加工製造しておき、工事現場で鉄骨建物を建てる時は加工済の部材を搬入して組み立てる工法のことを言います。

軽量鉄骨を大量に生産することができ、さらに現場での工事が楽に短期間で建設することが可能です。
軽量鉄骨の建物の良いところは、事前に部材を工場で生産し、施工する職人の経験や技術に左右されず、安定した品質で工場や倉庫を建設することができます。大量生産された軽量鉄骨を使用することによって建設材料費も圧縮することができ、建設現場で大規模な作業を行う必要もありません。工期も短くすることができるため人件費などの経費も抑えることが可能です。軽量鉄骨の良くない点は、鉄骨鉄筋コンクリートや鉄筋コンクリートの建物と比較すると防音や耐久性が低いです。また通気性もあまりよくはないので湿度の調整が難しいと言われております。建物内の温度や湿度、建物外との温度差によって結露が発生しやすいようです。換気や空調管理を行う必要があります。

プレハブ工法について
プレハブ工法について