軽量鉄骨カーポート(下屋)台形形状の屋根(高さ約4m)の施工例

鉄骨カーポート(下屋)1
用 途カーポート(下屋)
建物寸法間口6.7m(3.0m)、奥行き8.8m × 4.5m、最高高さ3.96m 
面 積42㎡ 12.9坪(土間)
屋 根ルーフデッキ t=0.6 裏フネンエース張り
コンクリート 金ゴテ仕上げ
施工範囲鉄骨建方、屋根工事、土間工事、U字溝設置、排水接続
施工期間約4週間

自動車のメンテナンスなどを行うためのカーポート(下屋)を軽量鉄骨造で建設させていただきました。
建物に挟まれた敷地に建設するため、間口が6.7m、奥の幅が3.0mの奥に行くほど狭くなる台形形状の軽量鉄骨下屋です。
「車高の高い車も入れるように」とのご要望でしたので、土間から梁下までの高さが3.5~3.6mという高さがあります。
雨が降ると水が溜まってしまう敷地なので排水を改善するためにU字溝を20m設置して排水桝に接続しました。
既製品では対応できない形状のため当社の自由設計対応のメリットを活かすことができました。

軽量鉄骨カーポート(下屋)工事の流れ

土間・基礎工事

柱が立つ土間の外周部を20センチほど掘り下げて、べた基礎のような施工を行いました。
2.0tを超える車両も出入りするとのことで土間の鉄筋は異形鉄筋D10を縦横200mmピッチで配筋しました。
土間コンクリートの厚みは120mmです。

鉄骨建方・屋根葺き工事

鉄骨建方工事はユニック車で行いました。
屋根の片面は斜めにになっているので屋根材は職人さんが全て金切りばさみで切りました。

U字溝設置・集水桝接続工事

雨が降ると水たまりになる敷地のためU字溝を20m設置して既存の集水桝に接続しました。
屋根からの排水はU字溝に直接流すことで雨水対策しています。
設置したU字溝の長さが60cm対してグレーチングの長さが1.0mなので普通はガタツキ出てしまうのですが、職人さんの丁寧な施工のお陰でほぼガタツキはありませんでした。
隣家奥の引戸出入口前の土間と下屋の土間の高さを同レベルにして縞鋼板を渡すことで段差を無くし安全面に配慮しています。

鉄骨カーポート完成

お気軽にご相談ください

受付時間:9:00 ~ 17:00(土日・祝祭日除く)

\フォームは24時間受付中/

軽量鉄骨倉庫190坪

プレハブ店舗42坪

鉄骨下屋

2階建て事務所52坪

軽量鉄骨工場170坪

趣味の鉄骨ガレージ27坪

軽量鉄骨工場113坪

軽量鉄骨倉庫75坪

軽量鉄骨倉庫14坪

軽量鉄骨事務所24坪

農業用倉庫20坪

冷凍保管庫(事務所)

趣味の鉄骨ガレージ26坪

セレモニーホール178坪

軽量鉄骨倉庫9m×9m

クラブハウス24坪

軽量鉄骨カーポート