軽量鉄骨倉庫14m×8m 112㎡(34坪)の施工例

用 途倉庫
建物寸法14m × 8.0m、高さ5.5m 
面 積112㎡ 33.9坪
外 壁角波ガルバリウム鋼板
屋 根ハゼ式折板 t=0.6 裏張りポリシート
土間コンクリート
施工範囲元請負い
施工期間約3カ月

法人様の倉庫33坪を新築工事させていただきました。
当初は重量鉄骨造の予定でしたが予算の都合で省コストでの建設を検討している過程で弊社にお声がけ頂きました。
同一敷地内に建設する社屋の建設工程との絡みで倉庫建設を先行しなければならなかったため、大急ぎでの着工となりました。
工事は工程通り順調に進み期限内に完成することができました。

基礎工事

地盤調査の結果、地耐力不足が判明したためウルトラピラー工法(セメントミルク杭状補強体による地盤補強⼯法)での地盤改良工事を行いました。
ウルトラピラー工法は柱状改良工法に比べて残土がほぼ出ないという点がメリットです。

鉄骨建方~屋根工事

この物件は窓が無く、開口部はシャッター1か所、ドア1か所という仕様で部材が比較的少ないせいもあって建方工事(屋根葺きまで)は職人さん3~4名で3日で完了しました。
屋根はハゼ式折板なので最後に屋根材のつなぎ目と山の頂点部分をシーマーという機械で鉸める作業があります。

土間コンクリート打設工事

開口部が少ないため外壁工事は4日で完了しました。
簡単そうに思われそうですが、水上側の壁材の長さは5mを超えていますから運ぶのは2名、張り付け施工時は上段、中段、下段に3名は必要になります。開口部の切欠きがある壁材は折れないように慎重に運ばなければなりません。
足場と鉄骨の間に壁材を差し込んで立てるのもキズを付けないように気を使います。
角波鋼鈑は材料費は安めですが施工には人工がかかる工事といえます。
外壁工事が終わると土間コンクリート工事になります。
2月半ばという寒い時期であり、建物には窓も無いためコンクリートの凝結が遅く、土間の左官仕上げは夜8時頃までかかりました。

お気軽にご相談ください

受付時間:9:00 ~ 17:00(土日・祝祭日除く)

\フォームは24時間受付中/

軽量鉄骨倉庫190坪

プレハブ店舗42坪

鉄骨下屋

2階建て事務所52坪

軽量鉄骨工場170坪

趣味の鉄骨ガレージ27坪

軽量鉄骨工場113坪

軽量鉄骨倉庫75坪

軽量鉄骨倉庫14坪

軽量鉄骨事務所24坪

農業用倉庫20坪

冷凍保管庫(事務所)

趣味の鉄骨ガレージ26坪

セレモニーホール178坪

軽量鉄骨倉庫9m×9m

クラブハウス24坪

軽量鉄骨カーポート

自動車板金工場60坪

趣味のガレージ11坪

2階建て建物の鉄骨建方工事

軽量鉄骨倉庫34坪

農業用倉庫43坪

軽量鉄骨店舗72坪

下屋 高さ7.6m

ワンルームアパート